高血圧の予防・改善方法!看護師が教える簡単健康管理

血圧の概要や測り方などの基礎知識を紹介!

血圧の基礎知識

血圧の測定結果の見方や正しい血圧の測り方など、血圧に関する基礎知識を紹介しています。
血圧の仕組みや収縮期血圧と拡張期血圧の違いなども説明しています。

意外と知らない「血圧」

そもそも血圧って何?

血圧とは

健康診断や病院で、必ずと言っていいほど測定する血圧。

そもそも血圧というのは、血液が流れる際に血管壁にかかる圧力のことを言います。

血管をホース、血液を水に例えると、水道から流す水の量を増やしたり、ホースの一部を押さえて中を狭くすると、ホースは張り詰めた状態になり、高い圧力がホースにかかります。

逆に、少ない水の量やホースの中が広い状態では、あまり圧力はかかりません。

血管も同じように、中を流れる血液からの圧力を受けており、それを血圧と言うのです。

血圧の決め手

血圧は大きく分けて、5つの要素によって決まります。

これらの要素は、生活習慣による体の変化、自律神経の働き、物質量などにより変化していくため、血圧もそれに伴って変わっていくのです。

心拍出量

心臓から送り出される血液の量です。

循環血液量

体全身に流れている血液の量を指します。

抹消血管抵抗

末梢血管とは、指や足先、脳など心臓から遠いところにある細い血管のことで、この血管の広がりにくさのことを末梢血管抵抗と言います。

血液の粘性

サラサラした血液は血管の中が通りやすく、ベタベタした血液は通りにくいということが、血圧にも関係しています。

大動脈の弾力

大動脈とは、太い主要な血管のことです。
血管はホースと違って弾力があり、この柔軟性の有無が血圧を左右します。

2種類の血圧の意味

収縮期血圧と拡張期血圧の違い

収縮期血圧と拡張期血圧の違い

血圧を測ると、「120/80」「103/72」というように、2つの値が出てきますが、先の血圧を収縮期血圧、あとの血圧を拡張期血圧と言います。

収縮期とは、心臓が縮こまった状態になり、勢い良く血管に血液を送り出した状態です。

この時の血圧を「収縮期血圧(最大血圧)」と言い、血管の中で血液が勢い良く流れているため、血管にかかる圧力は拡張期に比べて高くなります。

一方、拡張期とは縮こまった心臓が広がり、次に送り出すための血液を心臓に溜め込んでいる時の状態です。この時の血圧を「拡張期血圧(最小血圧)」と言い、血液の流れが緩やかなため、拡張期に比べて血圧が低くなります。

2種類の血圧、どちらが大切?

2種類の血圧はどちらが大切?

心臓はポンプのように収縮・拡張を繰り返しながら、全身に血液を送っています。

それに伴って血圧も2種類の値が計測されるわけですが、多くの方は「どちらの血圧を見ていれば良いの?」と疑問を抱いています。

実はこの2つの血圧、どちらも非常に大切です。

現在、健康状態や病気の評価には、収縮期血圧と拡張期血圧の両方を合わせた指標が使用されています。

これは、2つの血圧の値を合わせた指標であれば性別や年齢による影響を受けにくいことから、老若男女問わず、多くの方に適した評価方法となっています。

ですから、ご自身の健康管理を行うためには、この両方の計測値がどのように変化しているのかということに注意して観察してくださいね。

血圧は正しく測ること

血圧は常に変化する

血圧は常に変化する

血圧を測ろうと言う時に知っておいてほしいのが、「血圧は常に変化している」ということです。

実は、血圧は常に一定というわけではありません。

時間、環境、食事、運動、仕事、入浴、嗜好品(酒、たばこ)などによる影響を受け、常に数値は変動しています。

そのため、正しい方法で血圧を測り、なるべくいつも同じような体の状態に近づけることが大切です。

また、自宅で定期的に測定する場合には、「起床10分後」「出勤30分前」といったように習慣化し、なるべく時間を揃えるようにしましょう。

血圧の正しい測り方

血圧を測るのに、そんなに難しいことはありません。
少し気をつけて測るだけで、自宅でも簡単に正しく計測することができます。

以下の2つのポイントに注意して、計測を行いましょう。

1.リラックスした状態で測る

慌しく支度をした後、トイレを我慢している時、入浴後などは、心臓が大きく動いています。

そのため、血圧が不安定な状態となっているので、正しい値を計測することが出来ません。

測定の1時間前は食事、運動、入浴を避けて、リラックスした状態で計測しましょう。

2.測定は座った状態で

血圧測定は、心臓と測定部位を同じ高さにすることが基本です。

上腕(肘の上)を使って計測することがほとんどですので、背筋を伸ばして座った状態で計測すると正しく行うことができます。

尚、手首など上腕以外で測るタイプの血圧計は、正しく計測できない場合もありますので、あまりオススメできません。

こういった機械をお持ちの場合には、取扱説明書に書かれている正しい計測方法を行いましょう。

PAGE TOP