高血圧の予防・改善方法!看護師が教える簡単健康管理

高血圧治療薬とサプリメントの併用・注意点

高血圧治療薬とサプリメントの併用

高血圧治療薬を日常的に飲んでいる人が血圧を下げる効果のあるサプリメントを併用できるのか、安全性と摂取する際の注意点を紹介しています。

サプリメント=薬ではない

サプリメント併用希望者が多い

サプリメント併用希望者が多い

高血圧で既に治療薬(降圧剤)を飲んでいる方が必ず思うのは、「サプリメントと併用しても良いのだろうか?」という疑問です。

既に治療を始められた方の多くは、高血圧治療薬を長く飲み続けなければなりません

毎日薬を飲み続けるのは患者さんにとっては負担が大きく、少しでも血圧を下げようとサプリメントを併用したいと考える方が多いようです。

ですが、薬とサプリメントの併用が出来るのかが分からず、なかなか踏み出せないのも現状です。

サプリメントの定義

サプリメントの定義

まず、皆さんに知っておいていただきたいのは、「サプリメントは薬ではなく、食品である」ということです。

つまり、私たちが普段食事で摂っている野菜、果物、肉、魚などと同じ扱いになります。

そのため、サプリメントには薬(いわゆる医薬品)のような即効性や、病気自体を治療する効果はありません。

サプリメントには様々な効果が謳われていますが、それはその効果が期待できるような食事をしているのと同じ様に、健康管理の範囲として用いられます。

サプリメントにも効果はある!

サプリメントにも効果はある

ただし、誤解をしないで頂きたいのは、サプリメントにもきちんとその効果が期待できるということです。

ダイエット中の人が野菜中心の食生活をすれば、体重や脂肪は落ち、ダイエットに成功します。

血圧が高めの人が血圧を下げやすい食品を積極的に摂ったり、運動をすれば、血圧を下げることが出来ます。

それと同様に、高血圧予防・改善サプリメントには、血圧を下げやすいとされている特定の成分を凝縮して配合していますので、作用は緩やかではありますが、目的の効果が期待できるのです。

毎日食事を工夫し、継続するのは難しくても、サプリメントを飲むだけなら手軽に摂取することが出来ます。

食事療法において最も大切なのは「継続」ですので、サプリメントはその大変な部分を、誰もが手軽に行えるように作られたものだと考えてください。

高血圧治療薬とサプリメントの併用はOK

治療薬同様、サプリメントも継続的に

サプリメントも継続的に

高血圧予防・改善サプリメントは、いわば、「血圧を下げるための食事療法を毎日している」のと同じです。

ですから、高血圧治療薬を飲んでいる方でも、サプリメントを併用することができます。

ただし、サプリメントを使用する場合には、毎日頑張って継続するようにしてください。

1日おき、1週間おきと時間が空けば空くほど、効果が期待できなくなってしまうからです。

サプリメントの飲み忘れが多い方は、食事と一体化させてしまうようにしましょう。
食事の時に飲む分だけサプリメントを出しておくと、飲み忘れをぐっと減らすことが出来ます。

サプリメントは食品ですので、食前・食事中・食直後と、飲むタイミングはいつでも構いません。

また、朝食・昼食・夕食のどの食事でも構いませんので、ご自身の生活スタイルに合った時に服用しましょう。

より効果を期待するなら「トクホ」

トクホのサプリメントで効果実感

特に、高血圧改善の効果を期待される場合には、特定保健用食品(トクホ)の服用がオススメです。

特定保健用食品は、一定の科学的根拠があると国(消費者庁)に認められたサプリメントです。

そのため、認定されていないサプリメントに比べ、高い効果が期待できます。

また、特定保健用食品の審査の場合には、有効性だけでなく安全性も確認されていますので、より安心して続けることが出来ます。

こんな場合は注意!サプリメントを飲む前に

食品アレルギーのある場合

食品アレルギー

卵、えび、かに、乳製品など、食品に対してアレルギーを持っている方もいらっしゃると思います。

この場合には、サプリメントを服用される場合にも注意が必要です。

サプリメントを購入する際には成分表示を確認し、アレルギー反応を起こすものが含まれていないことを確認してください。

また、サプリメント自体に含まれていなくても、同じ工場でアレルギーを起こす成分を取り扱っている場合には、体に支障を来たす場合があります。

製品やメーカーHPなどで確認することが出来ますので、安全なものを選んでくださいね。

食品に制限がある場合

食品に制限がある

一部の高血圧治療薬は、特定の成分を摂取することにより、治療の効果が出なくなってしまったり、効き目や副作用が強く現れてしまう場合があります。

こういった薬を処方される場合には、普段の食生活でも気をつけなければなりませんので、薬を処方する際に、必ず医師や薬剤師から説明があります。

「グレープフルーツは控えてください」「納豆などのビタミンKが含まれているものは控えてください」と言われている方は注意しましょう。

サプリメントを使用する際には、必ず現品を医師・薬剤師に見せて、内服して良いかどうかの確認をしましょう。電話などでも回答してもらうことができますので、必ず聞くようにしてくださいね。

PAGE TOP