高血圧の予防・改善方法!看護師が教える簡単健康管理

減塩食を作るコツや飽きずに食べる工夫を紹介!

減塩食を作るコツ

高血圧を予防・改善するために避けて通れないのが減塩食です。
減塩食を作るコツや飽きずに食べる続けることができる工夫などを紹介しています。

これを守れば上手く作れる!

調味料はしっかり量る

調味料はしっかり量る

料理を作る方に多く見られるのが、「味付けを感覚で行っている」ということです。

健康な方への食事であればそれでも良いのですが、減塩が必要な場合はしっかりと調味料を量って作る事が大切です。

意識していないところに意外と塩分は潜んでいますので、過剰摂取にならないよう、ひと手間かけましょう。

減塩調味料を上手く使う

今は、様々なメーカーから減塩調味料が販売されています。

昔はあまり美味しくないイメージがありましたが、今では風味豊かで美味しいものが沢山あります。

嫌煙せずに、積極的に取り入れましょう。

また、メーカーによって味わいが異なりますので、様々な種類を試してみるもの良いですよ。

全てが薄味よりも、1つは濃い味!

全てが薄味よりも、1つは濃い味

限られた塩分を複数の料理に使っては、どの食事も味気なく感じてしまいます。

そのため、主菜は制限の範囲内で多めの塩分を使い、フライや酢の物、サラダといった副菜を薄味や塩味がなくても食べられるものにすると、満足度が高くなります。

続けるためには休みも必要

毎日気を遣うと、減塩料理は続かない

毎日気を遣うと、減塩料理は続かない

減塩やたんぱく制限など、栄養計算の必要な料理を家庭で続けるのは、とても大変なことです。

最初は健康のためにと意気込んで始めても、続けるごとにその負担は増し、続けるのが苦痛になってしまいます。

そうなってしまっては、元も子もありません。

減塩の食事を作り続けるためには、無理なく負担の少ない範囲で行い、たまには休むことも大切です。

お休み中の食事は宅配で!

お休み中の食事は宅配で!

かといって、料理をお休みしている日でも、減塩の食事は続けなければなりません。

そんな時にオススメなのが、健康食の宅配サービスです。

管理栄養士が経験に基づいて作った美味しい減塩食を、自宅に届けてもらうことができます。

配食サービスというと、高齢者や病人のものというイメージを持つ方もいらっしゃいますが、実は今、味とサービスのクオリティが高いことから、健康管理をしたい方やダイエットをされている方にも非常に人気があります。

減塩を感じさせないほど美味しい食事に仕上がっていますので、ご本人はもちろんのこと、ご家族が食べても大満足です。

さらに、コンビニで昼食を買うのと同じ、1食約500~800円という価格も人気の秘訣です。

冷凍で長期保存が出来ますので、お休みの日だけ使ったり、週2~3日定期的に食事に取り入れたりと、ライフスタイルに合わせた使い方ができますよ。

「ウェルネスダイニング」を使う

管理栄養士が作る手作り健康食

管理栄養士が作る手作り健康食

ウェルネスダイニングは減塩食、低カロリー、低たんぱく、低糖質といった様々な健康食を届ける配食サービスを行っている会社です。

病院食を長年作ってきた管理栄養士とプロの料理人が、体に優しく、美味しい食事を手作りして届けています。

100種類以上もの豊富なメニューを取り揃えており、いつ食べても飽きないのが特徴です。

高機能パッケージを採用しており、冷凍で3ヶ月以上の保存が出来ます。

食べたい時にレンジで温めるだけの手軽さも、人気の秘訣です。

便利に使えるのが好評

今では様々な配食サービスがありますが、ウェルネスダイニングは食事だけでなくサービス面でも評価が高く、幅広い年齢層の方から人気を得ています。

常時サポートデスクを開設し、食事作りの悩み、食事作り方指導、健康食コースの相談など、些細なことでも丁寧に対応してくれるのが特徴です。

また、長く無理なく続けられるようにというお客様目線でサービスを展開しており、お届け内容の変更や配達お休みの依頼なども気軽にお願いできるため、気負うことなく使用することができます。

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの口コミ

  • 塩分をたったの2gしか使ってないのに、だしや香辛料を工夫して、栄養は調整しながらもしっかりした味です。
  • どのお料理にも彩りが豊かで、さすが管理栄養士さんが考えて作ったお料理です。
  • 素材の味を活かしつつ、美味しさもあり、誰でも好む味付けになっています。
  • 食事制限というのは多少の忍耐と、本人の意思、周囲のサポートがないと成り立たないと思います。便利なものを利用するというのも、継続して食事療法を続ける手段の一つですね。

PAGE TOP