高血圧の予防・改善方法!看護師が教える簡単健康管理

高血圧予防・改善の為の健康管理方法を解説!

高血圧の診断基準

高血圧の基準値・範囲や種類について詳しく紹介しています。
高血圧と診断されていなくても気を付けたい仮面性高血圧について解説しています。

血圧の正常・異常

どこからが高血圧?

血圧はどこまでが正常で、どこからが高血圧になるのでしょうか。

2014年に新しくなった基準を見れば、今の自分の血圧が正常なのか異常なのかが分かります。

血圧 分類 収縮期血圧 条件 拡張期血圧
正常 至適血圧 120以下 かつ 80以下
正常血圧 120~129 かつ・または 80~84
正常高値血圧 130~139 かつ・または 85~89
高血圧 Ⅰ度高血圧 140~159 かつ・または 90~99
Ⅱ度高血圧 160~179 かつ・または 100~109
Ⅲ度高血圧 180以上 かつ・または 110以上
(孤立性)収縮期高血圧 140以上 かつ 90未満

この表を見ると分かるように、常に収縮期血圧が140以上の方、拡張期血圧が90以上の方が「高血圧」となります。

ただし、正常範囲の中でも正常高値血圧に該当する方は、いつ高血圧になってもおかしくない体の状態です。

そのため、血圧が高めの範囲になってきた時から、生活習慣に気をつけていくことが非常に大切です。

少しずつ生活に気をつけることが出来れば、高血圧や高血圧による大きな病気を未然に防ぐことが出来ますよ。

高血圧の基準が違う「家庭血圧」

家庭血圧とは、病院ではなくご自宅で血圧を測った場合の測定値のことを言います。

病院での高血圧の基準と、家庭での高血圧の基準が若干異なるため、この家庭血圧を知っている必要があるのです。

分類 収縮期血圧 条件 拡張期血圧
病院での高血圧の基準 140以上 かつ、または 90以上
家庭での高血圧の基準 135以上 かつ、または 85以上

一般的に、高血圧の基準は家庭の方が低く設定されています。

これは、自宅での測定はある程度一定の時間と体の状態で計測できるため、そして病院という場所や医師・看護師の白衣、臭いなどによって緊張される患者さんも多いということから、決められています。

詳しく調べる「24時間血圧」の審査はもっと厳しい!

また、医師の指導によって24時間自分の血圧を記録する「24時間自由行動下血圧測定」の場合にも、基準値が異なります。

分類 収縮期血圧 拡張期血圧
24時間 130以上 80以上
昼間 135以上 85以上
夜間 120以上 70以上

一般的に、高血圧の基準は家庭の方が低く設定されています。

これは、自宅での測定はある程度一定の時間と体の状態で計測できるため、そして病院という場所や医師・看護師の白衣、臭いなどによって緊張される患者さんも多いということから、決められています。

高血圧の種類

一番身近な「本態性高血圧」

本態性高血圧

本態性高血圧は一次性高血圧とも呼ばれ、高血圧の患者さんの約90%がこのタイプに当てはまります。

これは、血圧が高くなるホルモンの異常や他の病気といった原因を持っておらず、生活習慣や遺伝によって起こっている方のことです。

原因ははっきりとは解明されておらず、体質や生活習慣、加齢などの原因が重なることにより、高血圧の状態を引き起こしていると考えられています。

改善できる「二次性高血圧」

二次性高血圧

二次性高血圧は、病気や薬の影響により、高血圧が引き起こされている状態のことを言います。

この高血圧を引き起こす原因は、腎臓の病気、血管の障害、ホルモン分泌の低下、治療薬の副作用などが挙げられます。

本態性高血圧に比べて、原因が明確なため、治療を行ったり薬を変更することで高血圧が改善します。

高血圧の状態の方で、何らかの病気にかかっている、あるいは病気の治療をしているという場合には二次性高血圧の可能性も考えられますので、主治医に相談してみましょう。

特に気をつけたい仮面高血圧

仮面高血圧とは?

仮面高血圧とは

病院での血圧は正常なのに、自宅や職場で測ると血圧が高いという方がいらっしゃいます。

こういった状態のことを、「仮面高血圧」と呼んでいます。

仮面高血圧は、早朝や夜間にだけ血圧が上がったり、仕事中だけ血圧が高いという状態になるため、病院では判断しづらいことから、病気の発見が遅れる可能性があります。

そのため、40歳を超えたら自宅で定期的に血圧測定を行い、本態性高血圧・仮面高血圧の両方に注意して、病気の早期発見に努めることがとても大切です。

仮面高血圧は、脳卒中・心筋梗塞になりやすい

仮面高血圧は、脳卒中・心筋梗塞になりやすい

仮面高血圧の怖いところは、発見しづらいことに加え、脳卒中や心筋梗塞になりやすいということです。

特に、早朝にだけ血圧が高くなる方はよりリスクが高いため、注意が必要です。

例えば、深夜は血圧が低く、早朝になると急激に血圧が上がる「モーニングサージ」と呼ばれるタイプは、軽度の脳梗塞をすでに引き起こしている可能性が高く、脳卒中のリスクが非常に高くなります。

高齢の方、血糖値やコレステロールが高めの方に多いため、注意しましょう。

また、深夜も早朝も高い血圧が下がらない「持続性高血圧」の方は、寝ている間も心臓・血管に大きな負担がかかっており、心筋梗塞などの心疾患を引き起こしやすくなります。

このタイプは、血糖値が高い方、腎臓障害をお持ちの方、大きないびきをかく方(睡眠時無呼吸症候群)に多いと言われています。

PAGE TOP